Mottyの旅日記 Archive

Mottyが巡った場所の記憶と記録

おじろスキー場

 鉢伏山の北側にあるスキー場。ただし、鉢伏山系ではなく、矢田川の谷筋を挟んだ北西側の山の東南斜面にある。

 おじろスキー場は名前が2回変わっており、昔はおじろスキー場という名であったのだが、リニューアルしてニューおじろスキー場となった。だが、ほかにおじろと付く場所もないので、ニューという頭の部分は無視されることが多く、それも勘案してか、2005年から再びおじろスキー場の名前になっている。

 国道9号線から国道482号線に入って10分ほどのところにあり、民家が並ぶ小代地区から山側に入るとすぐ駐車場がある為、車で山道を登って行くということがなく、新たに雪が降ったりしなければ十分ノーマルタイヤで行けるだろう。また、駐車場の周辺も奇麗に整備されており、駐車場にさえ入ってしまえばゆったりと滑る準備をすることができる。

 ゲレンデは正面の山の標高700m前後の斜面にあり、駐車場から8人乗りゴンドラで山を上がって行く。訪れた時は、ゲレンデにはペアリフト2基とシングルリフト2基があったが、今はシングルリフト1本が廃止されているようで、3本での運営となっているようだ。リフト間は全て滑走可能で、滑走距離の長さはそれほど無いものの、幅の広いゲレンデになっている。

 ハーフパイプやジャンプ台など一応の設備も揃っているが、上級者用の急斜面が少ない。この為、手応えのある滑りや新雪攻略をこのスキー場に求めるのは厳しいが、逆に初心者やファミリー層にはちょうど良いスキー場だろう。

 

最終訪問日:2003/1/12

 

 

1度しか行ったことが無いスキー場ですが、下からゴンドラで行くだけに、準備とかは非常に楽でしたね。

融雪されている国道からすぐ駐車場があるので、そこもお手軽です。

ただ、ゲレンデは上級者コースが少なく、自分にはちょっと歯ごたえが足りませんでした。