Mottyの旅日記 Archive

Mottyが巡った場所の記憶と記録

音水湖 (引原ダム)

静かな音水湖の眺め

 兵庫県の最高峰氷ノ山の南麓を源流とする引原川に設けられた、引原ダムによる人造ダム湖。読みはオンズイと濁る。

 引原ダムは、1957年に竣工した堤高66mの重力式ダムで、湛水面積88haを誇り、ダム湖らしく非常に細長い形をしたダムだ。この細長い形状を利用して1000m級のカヌーの常設コースが設定されているほか、カヌー体験もできるなど、カヌーの名所としても知られる。

 音水湖周辺は、現在は氷ノ山後山那岐山国定公園に含まれており、ダム下流に音水渓谷や赤西渓谷、原不動滝など、自然豊かな名所が多い。音水湖自体も非常に風光明媚で、遠くまで続く穏やかな水面と深い山々の情景が、とてもダム湖とは思えないほどの深い自然を感じられる。

 兵庫県の北西の奥の奥、かつての難所である戸倉峠のほど近い場所に音水湖はあり、ひたすら続く上りの道を走っていくと、突然、山が開けて視界に入ってくる湖が非常に神秘的で、とても印象深かった。実際に訪れて湖畔に立つと、奥行きが非常にある湖で、その奥行きの深さが、この湖の独特の趣を醸し出しているのだろう。山々に囲まれた、非常に静かな湖である。

 

最終訪問日:2022/5/24

 

 

スキー場に行くときなど、白い雪景色の中に広がる湖面にハッとしたりして、ダム湖ながらとても印象深い場所です。

こんなきれいな場所をカヌーで漕ぎ廻れたら、とても気持ちいいでしょうね。

いつかカヌー体験に行きたい場所です。