Mottyの旅日記 Archive

Mottyが巡った場所の記憶と記録

利神城

 川沿いの因幡街道を押さえる城で、平福にあることから平福城とも、霧に浮かぶ姿から雲突城ともいう。名はリカンと読む。

 南北朝時代の貞和5年(1349)に、北朝方だった赤松円心則村の甥の別所敦光の子敦範(敦則)によって北の拠点として築かれ、以降は別所氏が城主を世襲した。

 播磨で別所氏と言えば、三木城の別所氏がすぐに浮かぶが、利神城の別所氏がその一族であることは間違いないものの、別所氏の系図に複数の説がある為、繋がりはやや不鮮明のようだ。一般には、敦光の3代後とも4代後ともされる祐則(則忠)の五男が三木別所氏を建てた則治で、同じく次男が利神城を継いだ光則という。ただ、利神城の事跡から考えて、光則とその子治光が嘉吉元年(1441)の嘉吉の乱で討死したと推測されている為、後に利神城を回復する治光の子治定はこの頃には既に生まれていることになるのだが、同時期の三木別所氏の伝では、則治は嘉吉の乱当時は幼少であったとされており、祖父母世代と孫世代が同年齢程度となってしまい、双方でやや年代にズレが出ることになる。

利神城遠景

 前述の治定が利神城を回復するのは、応仁元年(1467)から始まる応仁の乱の際に赤松軍が旧領回復を狙って播磨に侵攻した際で、これより前は山名氏の支配下にあったと思われるが、城主はよくわからない。

 その後、治定から静治、定道と続き、定道は天正5年(1577)に織田家臣であった秀吉の攻撃を受けた際に降伏し、人質3人を出したことが史料に残っている。しかし、病弱の定道から代わった弟林治は秀吉に反抗したようで、翌年正月に秀吉方だった上月城の尼子勢に攻撃され、城は落城したという。

 この後、城は秀吉方の誰かが駐屯したと思われるが、後に上月城を含めた周辺諸城が毛利方の宇喜多氏によって攻略された為、利神城も宇喜多氏が奪い、服部勘介なる人物が城主として在城したと伝わる。ただ、この服部勘介という武将は一次史料に見えず、真偽は定かではない。

利神城案内板

 慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦後、西軍に属した宇喜多秀家は改易となり、変わって姫路城に池田輝政が入城して播磨一円を治めた。利神城には、輝政の甥由之が2万2千石で入り、由之は、その年から5年を掛けて、利神城を三層の天守を持つ近世山城へと改修し、麓にも御殿を構えたという。一説に、この豪壮な城の構造を見た輝政が幕府の警戒を恐れ、天守の破却を命じたともいうが、実際のところはよく分からない。

 由之はこの後、慶長14年(1609)に備前国下津井城へ移るのだが、この時点で主要な建造物は破却されていたようだ。その後、輝政の六男で家康の外孫でもある輝興が、元和元年(1615)に岡山藩主であった兄忠継の死去に伴って平福2万5千石を分与され、5歳ながら藩主となった。とは言え、歳が歳だけに統治は家臣達が行ったはずで、実際の入城はもっと後だったと思われる。しかも、寛永8年(1631)には兄政綱の死去に伴って赤穂藩主となった為、実際の在城期間はかなり短く、輝興の転出に伴って利神城も廃城となった。

 利神城は現在、石垣の崩落に伴う危険性から、登城が制限されており、平福の道の駅の展望台等から山頂部の石垣の様子は窺えるものの、実際に散策することはできない。登城道自体は、平福の宿場町から庵川沿いにやや北東に入っていった場所にあるが、道標は封鎖されていた。だが、平成29年10月13日に国の史跡に指定された為、これから城域の整備や石垣の修復が期待できるだろう。

 

最終訪問日:2017/10/30

 

 

入山禁止は知っていましたが、国の史跡に指定されたので、登城の下見がてら訪問しました。

その時は整備工事すら始まっていない様子だったんですが、今後の進展に期待したいですね。