Mottyの旅日記 Archive

Mottyが巡った場所の記憶と記録

観光地-運河/堀/人造湖/貯水池

八幡堀

八幡堀と近江八幡の街並み 近江八幡は、天正13年(1585)にこの地へ入部した豊臣秀吉の甥秀次が、城下町を建設する際に、琵琶湖との水運の向上を図って掘削した運河で、全長は約6km。 群雄割拠の戦国時代から変わり、合戦が少なくなった安土桃山時代の風潮を示…

猿沢池

猿沢池全景 猿沢池は、興福寺の放生池として天平21年(749)に造られた人工池で、周囲約360mほどの小さな池である。平均水深は約1.0mで、最大水深は約1.5mという。 放生とは、殺生せずに生き物を自由にすることで、実行すると徳が積めるという仏教の教えから、…

道頓堀

戎橋からの道頓堀の情景 道頓堀は、木津川と東横堀川を結ぶ約2.5kmの人工の運河である。ただし、一般的には、道頓堀川に架かる戎橋周辺の飲食店の多い繁華街を指す。 道頓堀を開削した安井道頓は、足利一族である畠山氏の裔といわれ、河内の渋川郡を領して渋…

狭山池 (狭山池ダム)

狭山池と付近の市街地 日本最古のダム式貯水池。現在はダム化されているので、正式には狭山池ダムという。 狭山池は、日本書紀や古事記に記述が見られるようにその歴史は古く、古代に南河内の農業用貯水池として造られたものである。長らく、その正確な築造…

天満大池

工事の為に水が抜かれている天満大池 稲美町にある溜池で、湛水面積は34.6haあり、農林水産の選定するため池百選のひとつに数えられている。 溜池の多い稲美野の中でも、天満大池は最も古い溜池とされ、近隣の天満神社の由緒によれば、白鳳3年(675)にその原…

権現池 (権現ダム)

第1権現ダムから権現池を望む 第1から第3までの3つの権現ダムによって遮られたダム湖。 元々、権現ダムの位置には、権現池と泉池という2つの溜池があり、それぞれ現在のダム湖の最北部と最南部にあった。権現ダム自体は、加古川市海岸部の工業地帯へ工業用水…

黒川ダム

黒川ダムの堤体 国内最大の揚水発電所である、関西電力奥多々良木発電所の上部調整池となっているダム。 黒川ダムは、麓の多々良木ダムと繋がっているが、この上部の黒川ダムが瀬戸内海に注ぐ市川の最上流部にある一方、多々良木ダムは日本海に注ぐ円山川水…

つくはら湖 (呑吐ダム)

初冬のつくはら湖 漢字では衝原と書く、呑吐ダムによって造られた人工のダム湖である。呑吐ダムの名前の由来は、ダムに流れ込んでいる志染川や、その上流の山田川に大小の滝があり、水を呑んで吐く様子から呑吐の滝と呼ばれていたことにちなむ。 呑吐ダムは…

音水湖 (引原ダム)

静かな音水湖の眺め 兵庫県の最高峰氷ノ山の南麓を源流とする引原川に設けられた、引原ダムによる人造ダム湖。読みはオンズイと濁る。 引原ダムは、1957年に竣工した堤高66mの重力式ダムで、湛水面積88haを誇り、ダム湖らしく非常に細長い形をしたダムだ。こ…

東条湖 (鴨川ダム)

東条湖全景 東条湖はダム湖の名前だが、一般的に東条湖と言えば、東条湖周辺のリゾート地帯を指す。東条湖自体は、名前から東条川のダム湖かと思いきや、東条川の支流である鴨川に設けられた鴨川ダムによるダム湖で、堤高43.5m、堤頂長97m、湛水面積54.3ha。…